やさしい家づくり・住宅プランニング入門

初めての家だけどやさしく大事につくりたい
大切な家だからいろんなことを知っていたい
一歩踏み込んでやさしい住宅作りをするための入門編です






手持ちの家具を新築のときも持って行きたい。

トップページ

間取りソフト
ダウンロード


間取りのつくり方

手書き風
間取りツール
ダウンロード


CGパースサービス  

質問をメールしてみる



メルマガ登録・解除
 


手持ちの家具をリフォーム、新築のときにも使いたいときは
事前に寸法を測って設計士やデザイナー、工務店に
伝えておく必要があります。
あと1センチ足りなくてはいらない・・・
なんてことがないようにしなければならないのです。
あと1cm足りないといったことが起こりうるのは
もともと打ち合わせ確認が不足しており
家具が入らないような間取りになっている場合です。
図面では入るはずなのに入らない場合は
巾木と呼ばれる床と壁の間にある保護材や
雑巾摺りとよばれる押入れや畳と壁の間にある
何らかの部材が当たって入らないという場合です。

たんすが階段を登ることができない。
窓から入らないなどのトラブルも避けなければなりません。

さて、どうしても新築のインテリアと合わないと
予想される場合はどうしたらよいでしょう。

クロゼットの中に納まるように作る方法や
ウォークインクロゼットに収める方法があります。
クロゼットに収めるときは扉を大きく開放できる
たんすの搬入に邪魔にならない構造にする必要があります。
親や親戚にもらった大事な家具、
お気に入りの家具は新しい家に持っていけるように
事前の設計図で確認して工夫しましょう。



間取りソフト 手書きツール 見積もりソフト のページへ戻る




タイル 石材 無垢フローリング ウッドデッキ
ガラスブロック レンガ カーペットタイル クッションフロア
ビニルタイル イタリアタイル 珪藻土 介護手摺
キッチン 洗面台 トイレ ユニットバス
ポスト ガーデニング タオルリング トイレットペーパーホルダー




Copyright (C) 2008
 やさしい家作り入門