やさしい家づくり・住宅プランニング入門

初めての家だけどやさしく大事につくりたい
大切な家だからいろんなことを知っていたい
一歩踏み込んでやさしい住宅作りをするための入門編です






書斎コーナーをどこに作ったらよいでしょうか?

トップページ

間取りソフト
ダウンロード


間取りのつくり方

手書き風
間取りツール
ダウンロード


CGパースサービス  

質問をメールしてみる



メルマガ登録・解除
 


書斎というのは通常であれば独立した部屋で
集中して書物を読み書きするスペースです。
また、書物を収蔵する棚を設けて
たくさんの書籍を収蔵するコレクションの収蔵部屋の意味もあります。
近年大きく変化したのはパーソナルコンピューターの出現で
PCスペースという意味も含まれるということです。
住宅を新築する場合、
家族とのふれあいということがテーマになっている場合
PCスペースを隔離することはテーマにそぐわない場合があります。
逆にこもって作業したいという要望も多く
どうするのかを決めないと設計者も施工者もハウスメーカーでも
プランニングする際に困ってしまうので
あらかじめ書斎をどのようなあり方にするのか
決定しておく必要があります。
また、動画の普及により子供とはいえPCに触れる機会も多く
親の目に触れる場所にPCコーナーを設置することも多くなりました。
大人と子供の書斎を分けて考えるのもひとつの方法といえます。

家族と離れてこもれるスペースにするのか
オープンスペースにするのかが配置の鍵になります。

オープンスペースの場合、リビング、ダイニングの他
キッチン脇などのスペース、共用の廊下を
広めに取ったスペースなどが考えられます。
プライベートな書斎の場合、独立した個室
リビング脇に仕切りを設けた小スペースや
ロフト、寝室脇のスペースなどが考えられます。
天井高さや広さがなくても設けられるので
使いやすい位置に配置してみましょう。



間取りソフト 手書きツール 見積もりソフト のページへ戻る




タイル 石材 無垢フローリング ウッドデッキ
ガラスブロック レンガ カーペットタイル クッションフロア
ビニルタイル イタリアタイル 珪藻土 介護手摺
キッチン 洗面台 トイレ ユニットバス
ポスト ガーデニング タオルリング トイレットペーパーホルダー




Copyright (C) 2008
 やさしい家作り入門