やさしい家づくり・住宅プランニング入門

初めての家だけどやさしく大事につくりたい
大切な家だからいろんなことを知っていたい
一歩踏み込んでやさしい住宅作りをするための入門編です



母親がねたきりなので外部からスロープで部屋に入りたい



家族の体の具合が悪い、特に寝たきりの場合
玄関からではなく窓から部屋に入るケースも多く見られます。
その場合窓を出来るだけ駐車場に近い位置に設けるか
ケアワーカーのワゴンから部屋に入りやすい
配置計画とスロープなどの工夫も必要になります。

介護の必要な場合、看護士のお世話になる例も多いので
介護が必要なエリアを明確に分けて
キッチン・トイレ等ももう一つ設けます。
家を空けるためにセキュリティー上分離したい場合
介護エリアのみ分離できる計画にする場合もあります。

手すりや床の仕様などは症例によってベストな高さ
ベストな表面状態が異なるので、
設計士とよく相談するのが良いでしょう。
現実問題、這って歩く場合
高い位置に手すりをつけても意味がなくなってしますからです。

トイレの大きさ手洗いボールの有無
手洗いボールの高さ形状も重要になります。
掃除しやすく手が洗い安い状態というのは
症状によって違うので使い勝手優先でプランニングします。
想像力を働かせて機器設置をします。






Copyright (C) 2008
 やさしい家作り入門