やさしい家づくり・住宅プランニング入門

初めての家だけどやさしく大事につくりたい
大切な家だからいろんなことを知っていたい
一歩踏み込んでやさしい住宅作りをするための入門編です






リビングをシアタールームにする方法

トップページ

間取りソフト
ダウンロード


間取りのつくり方

手書き風
間取りツール
ダウンロード


CGパースサービス  

質問をメールしてみる



メルマガ登録・解除
 


以前はシアタールームのセットというと
100万以上は当たり前のぜいたく品でした。
現在の価格はオーディオとセットで
30から40万ぐらいで購入できる価格帯になっています。
しかも、プロジェクターは高性能になりました。

壁面の薄型テレビも大型化して
どちらか迷ってしまうところでしょう。
スクリーンは映画館のように雰囲気を楽しむというのもあるので
もしスクリーンを設けるのであれば
TVもあって、もうひとつ追加する感覚で購入されるのが良いでしょう。
テレビと兼用するのであれば大型の液晶で兼用した方が
使い勝手等も良いとおもいます。

画面に対して部屋が小さすぎると気持ち悪くなったりするので
大きな部屋のときに大スクリーンを設けられます。
また、低価格のスピーカーセットでも
センタースピーカーやウーハーなどの導入で高音質を楽しめます。
気をつけたいのがサラウンドで背面からヘリや
ジェット機が通過する臨場感が味わえる優れものです。
サイドスピーカー、リアスピーカーを設ける場合
配管を予め設けておくことが必要になります。
スピーカーの場所を建設前によく指示しておかないと
壁はふさがってしまい露出配管となります。
天井設置のプロジェクターも同様です。

壁面に液晶テレビを設置する場合でも位置を決めておけば
あらかじめ先行して配管・配線が可能になり
配管や配線が露出せずに綺麗に納めることが出来ます。


間取りソフト 手書きツール 見積もりソフト のページへ戻る




タイル 石材 無垢フローリング ウッドデッキ
ガラスブロック レンガ カーペットタイル クッションフロア
ビニルタイル イタリアタイル 珪藻土 介護手摺
キッチン 洗面台 トイレ ユニットバス
ポスト ガーデニング タオルリング トイレットペーパーホルダー




Copyright (C) 2008
 やさしい家作り入門