やさしい家づくり・住宅プランニング入門

初めての家だけどやさしく大事につくりたい
大切な家だからいろんなことを知っていたい
一歩踏み込んでやさしい住宅作りをするための入門編です



勾配天井はどうやってつくるの?



勾配天井とは部屋の天井が屋根なりに勾配になっていること
吹き抜けのような天井の高い空間のように
屋根の勾配を利用して天井を高くすることを主に言います。

屋根勾配を利用するので勾配天井にしたい部分の上部は
テラスや部屋ではなく、屋根になっている必要があります。
1階のリビングやダイニングも上に部屋がなければ
天井を屋根なりに高くすることが出来ます。

吹き抜けというと容積が大きくなるので、
暖房効率が気になってしまいますが
勾配天井ですこし天井をあげる場合は
部屋の容積も少しだけ増えるだけなので
極端に暖房効率が落ちることもありません。



インテリアも少し天井が高くなるだけで
大きく雰囲気が変わります。
また、勾配が付いているので
デザイン上個性的な雰囲気が演出でき
想像以上に豊かな空間が得られるケースが多いです。

少しの工夫で広がる空間のアイデアですが
あらかじめ間取りの工夫がいるので
意図して間取りを作らないといけません。






Copyright (C) 2008
 やさしい家作り入門