住宅建築良くある質問解説集

住宅を新築するときに不安に思うこと、
誰かに聞いてみたいことってありますか?
住宅建築WIKIではそうした素朴な疑問に答えていきます



憧れの小屋裏収納を作る方法


小屋裏部屋とか隠し部屋とは憧れの空間ですけれども、
より屋根裏部屋のイメージに近づけるためには、
天井を屋根なりに立てる高さにする点ですね。

日本の法律だと1.4メーターというロフトの制限がありますけれども、
それをあえて三階建てになってもいいから超えてあげる。
あるいは二階の部分でも屋根が斜めになるような事を思い切ってする。
意図的に隠れ家のような部屋を作る決意が必要。
小屋裏部屋らしいに形状を作っていくことが大事になってきます。


その時に屋根勾配ですけれども直角に近いような
屋根とか三角屋根ですね。
そういった尖った屋根のほうが
小屋裏部屋と言うのは作りやすいと思います。
その場合屋根の面にド-マーのような天窓ですね



そういったものを付けて横から光を
屋根面から光を入れてくるということをするとより明るくなり
小屋裏部屋特有のインテリアを作っていけることになると思います。

一般的に小屋裏部屋のイメージというのは
板張りなどのむき出しの素材感というイメージがあるので
インテリアをつくる上ではイメージを生かして
そういった板張りを積極的にやっていくのは良いと思います。

板張りのイメージを作る場合は天井の下地を露出するか、
もしくは内装のときにパインや杉のパネル材とか
そういったものを貼り付けていく
と木質の内観になっていくと思います。

屋根、壁、床同じような材料ですね
素材感で揃えていくといかにも小屋に登っていって
ドラマで見たようなイメージとかそういったものに
近づけていける思います。





Copyright (C) 2008 madrix