プランプランは間取りのプランニング例です
住まい作りの参考にしてください。
あくまでも参考です。
自分でつくるプランが一番自分にとって愛着があるはずですから
がんばってつくってみてくださいね。





27坪のプランニング



ローコストプランでファミリーで住みたい場合
どうしても子供の成長や家族の変動で
部屋数が必要になってきます。
そうした場合、27坪~28つぼぐらいの大きさが必要です。
おそらく3LDKプランで最小なのが27坪です。



LDKを対面キッチンにして
ダイニングのスペースとリビングが別の居場所でありながら
一体化して広く見えるようなプランニングをしてみます。
最近ではひきこもりなどの問題から
リビングから階段を上るプランも多く
家族別々の居場所を持ちながら
常に顔を合わせる間取りが重視されます。



子供部屋の場合、
受験などの環境の変化がない場合
個室を必要としない時期が長く続きます。
そうした場合子供部屋を1室で取り
後からリフォームするという方法があります。
性別の違う子供の場合でも
大きくなるまではフリースペースのほうが広くなります。



どうしても敷地が狭い場合は
2階にリビングを配置して光を取り込む方法があります。
狭い間口の敷地は立地の割りに
価格的にリーズナブルなことが多く
総体の建築コストの削減にもなります。



27坪のプランではトイレも上下の階に配置が可能です
また、階段を開放的にすることで
リビングをより広く見せることが可能になります。
トップライト(天窓)やハイサイドライト(高窓)などのパーツで
より明るい空間を確保することが可能になります。
2階リビングの場合勾配天井にして
吹き抜け風にアレンジすることも可能になります。
天井が高く見えれば空間は広く感じます。







Copyright (C) 2008 madrix